脳の働きを良くする

ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドは、コエンザイムQ10と同じように補酵素と言われる成分の一種で、通常体内でビタミンB2によって体内で合成されています。しかしビタミン不足や老化によってニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドは不足の一途。それによってエネルギーをつくることができない体になっていき、代謝が落ちる。これこそ老化を進めてしまう原因にもなるのです。老化が進むということは代謝が落ち内臓の機能もすべてが落ちるということにつながるため、さまざまなところで不調がおこります。

ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドしかしニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドを摂取することによって、脳の伝達物質であるドーパミンやノルエピネフリンなどの物質が分泌されるようになるため脳の回転が良くなるのです。老化が進むと脳の回転が遅くなり、だんだん何もやる気がなくなってきます。しかしニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドを摂取することで、脳の働きも回復しやる気も出てくるのです。このような働きから、だんだん老化が始まったと感じる人だけでなく、アルツハイマーの人もだいぶ良い状態になるとのこと。ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドは、脳、神経、筋肉、心臓などさまざまな内臓が健全に働くようになり、これこそが若返りの薬と言われている理由なのです

関連記事…心臓にも効果あり