ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)について

NMNニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)という成分は、まだ知らない人も多いかも知れません。今、夢の若返りの薬として、米ワシントン大学の今井眞一郎教授の発表によって一般に知られるようになりました。そして現在も多くの研究者がNMNの研究を進めています。米国の学術誌であるセル・メタボリズムに、今井教授のグループによって、マウスによるニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドの長期間投与研究論文が掲載。今では抗老化作用が高い成分として、若返りの薬として期待されています。わたしたちのエネルギー代謝に欠かせないニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドの合成中間体と言われているNMNのマウスの長期実験により、抗老化効果が確実に証明されたのです

長寿制御にかかわると言われているサーチュインという因子があることは、もうすでに知られているが、このサーチュイン因子を活性化させる働きも、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドにはあることが確認されています。またNMNがいろいろな病気に効果があることも分かってきているのです。特に糖尿病には顕著にその効果が出ているとのこと。またアルツハイマーにも効果が認められており、心不全などの疾患にも効果があると言われています。

わたしたちの体内では老化とともにニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドを合成する能力が低下していることにより、体の機能が衰えるということも解明されてきたのです。老化が機能低下を作り、それによってさまざまな疾患が起こるという流れから、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドのような合成中間体を投与することで老化を抑えることができるはずだという考えから今に至ったとのこと

関連記事…脳の働きを良くする